スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JRC、YouTubeに初の音楽著作権包括許諾 スピッツやラルクもOK 

L'Arc-en-Cielやスピッツ、ミスチルなどの有力アーティスト楽曲を管理するJRCが、
YouTubeと著作権の包括利用許諾契約を結んだ。
JRC管理楽曲をユーザーが演奏してYouTubeに公開することが合法的にできるようになる。
最大手・JASRACより一足先に実現。

GoogleがJRCに対して利用料を支払う形(詳細は非公開)で、ユーザーは無料で利用できる

グーグルの村上憲郎社長は「YouTube上で音楽を楽しんでいるファンの
利便性が一気に向上するのを一緒に喜びたい。
アーティストが日本にとどまらず、世界に展開するために
YouTubeがプラットフォームとして手伝えるのもうれしい」と話した。

JASRACとの協議についてはコメントを避けた。

JASRACはあいかわらずのようですNE☆
ということでJRC管理楽曲に限り、『歌ってみた』、『演奏してみた』系動画
TouTubeにアップロードする事が合法になりました。


[2008/03/27] YouTubeに初の音楽著作権包括許諾・JRC スピッツやラルクもOK 情報元:【ITmedia】
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funifunya.blog27.fc2.com/tb.php/50-c5cba0f5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。